ソラリス株式会社は、福岡県福岡市の太陽光発電システムの卸売・販売を行っております。太陽光発電システム、カーポート、透過性パネルならお任せください。

ウェブからのお問い合わせはこちらから。

日本メーカーが消えた、2015年太陽電池セル世界トップ10

2016年4月24日

ソラリスでは、太陽光発電に関する最新情報を発信しております。
詳しい内容については、引用元サイトをご確認くださいませ。

上位10社で総出荷量50GWの半分以上を占める

 

世界ナンバーワンは2年連続でトリナ・ソーラー

米国太陽光発電市場リサーチ・コンサルティング会社SPV Market Researchの最新レポート(The Photovoltaic Manufacturer Shipment Report:太陽電池メーカー出荷量レポート)によると、2015年の太陽電池セル(発電素子)の世界出荷量は前年比29%増の50.8GWであった。トップ10メーカーの総出荷量は全体の53%を占めた(図1)。

図1●太陽電池セルの世界出荷量推移(2010~2015年)
(出所:SPV Market Research「Annual Photovoltaic Manufacturer Shipment report」)
[画像のクリックで拡大表示]

メーカー別に見ると、ナンバーワンは中国トリナ・ソーラー(Trina Solar)で2015年の太陽電池セル出荷量は3.63GW。首位を2年連続維持し、2015年の同社の世界シェアは7%であった。同社は今年初めにオランダの太陽電池メーカーであるソランド・ソーラー(Solland Solar)から、太陽電池製造工場など全ての資産買収を完了したばかりである。

トリナ・ソーラーの背後に迫るのは中国JAソーラー (JA Solar)。2015年のセル出荷量は3.62GWでトリナ・ソーラーとの差はわずか14MWという僅差だった。同社はセル出荷量を2014年から29%増やし、トリナ・ソーラーとの差を縮めている。

 

トップ3のシェア争いはほぼ互角

第3位は韓国ハンファQセルズ (Hanwah Q-Cells)で年間セル出荷量は3.4GWだった(図2)。現在同社は、中国、ドイツ、マレーシア、韓国と5カ国で太陽電池セルを生産しており、現在のセルの年間生産能力は4.3GWと世界で一番大きい。

図2●太陽電池セルメーカーの世界市場シェアトップ10(年間出荷量)
(出所:SPV Market Research「Annual Photovoltaic Manufacturer Shipment report」)
[画像のクリックで拡大表示]

レポートによると、2015年に韓国からの太陽電池セルの出荷量は2014年から69%増加し2.2GWだった。これはハンファQセルズの貢献が大きいものと見られる。

中国サンテックパワー (尚德太陽能電力有限公司、Suntech Power)は2010年と2012年の2年間 、太陽電池セルの出荷量において世界ナンバーワンの地位を築いたが、2013年3月には破綻。その後、中国の順風光電国際有限公司(Shunfeng Photovoltaic International)がサンテックパワーの資産を買収し、傘下に収めた。

Shunfengはさらに2015年には米国Suniva(シリコン系太陽電池・モジュールメーカー)の63%の株を買収し、米国市場へ生産拠点網を広げた。買収されたサンテックパワーはShungfeng-Suntechとなり、トップ10内に返り咲いた。

5位の米国ファーストソーラー (First Solar)を除いて、全てのトップ10メーカーのセル生産の主な拠点は中国であった。

 

日本メーカーはトップ10からも外れる

2015年トップ10リストには日本メーカーの名前はなかった。2014年は京セラがかろうじてトップ10でリスト入りしたが、シャープ、パナソニック、三菱電機、ソーラーフロンティアと、どの日本メーカーもトップ10入りを逃した。

シャープはセル出荷量において2001年から2007年の間、トップの座を占めていた。SPV Market Researchの創立者・チーフマーケットリサーチアナリストであるPaula Mints氏によると、それは太陽光発電産業の歴史において、1メーカーがトップを維持した最も長い期間であるそうだ。その後、シャープは首位から陥落、トップ10ランキング入りしたのは、2012年の9位が最後になる(図3)。

図3●太陽電池セルの世界トップ10メーカー(2010〜2015年)
(出所:SPV Market Research「Annual Photovoltaic Manufacturer Shipment report」)
[画像のクリックで拡大表示]

Mints氏は、今後の日本メーカーの位置付けについてこう語った。「日本のメーカーは太陽光発電産業のパイオニアであり、京セラとソーラーフロンティアはプレミアム製品のメーカーと評価されています。しかし、日本のメーカーは今後も攻撃的な価格競争に苦戦を続け、日本(メーカー)が世界の太陽電池セル市場でシェアを拡大するのは、将来的にもほとんどありえないことでしょう」

Mints氏によると、中国メーカーは、米国、メキシコや他の国で生産能力を拡大し、今後もトップ10リストを独占し続ける、とみている。ちなみに同氏のレポートでは、2015年末までの太陽電池の累積出荷量は215GWで、2023年には1TW(1テラワット:1000GW)に達するだろうと、予想されている。